市川 亮

株式会社長野フィナンシャル
市川 亮
RYOICHIKAWA

お客様の人生をファイナンスの面からサポートし、金融リテラシーを向上させ、地域を活性化させる社長

【長野市】長野フィナンシャル 市川亮

お客様の人生をファイナンスの面からサポートし、金融リテラシーを向上させ、地域を活性化させる長野フィナンシャルの市川亮社長に、父親から会社を引き継いだ想いや、FP法人としての今後の事業展開などについて根堀葉掘り深掘りなインタビューをさせていただきました。

インタビュアー
森 彩華

お客様の人生の伴走者となるベく、独立系FPとしてお客さまの価値観、考え方にあったファイナンシャルプランニングを提供していく

お客様のライフステージサポート

弊社は、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーがお客様一人ひとりに合わせた人生設計を一緒に考え、ライフステージに合わせた最適なプランを提案をしています。相談は、保険、投資、投資信託、住宅ローン、相続など幅広い内容となります。

父の会社を引き継いだ想い

銀行員時代に事業承継やM&Aのサポートを行う中で、後継者問題に対して関心を持ちました。父親が創業した長野フィナンシャルという会社も私自身が事業を継承しなければ、従業員や取引先、お客様に迷惑をかけてしまうのが目に見えて分かっていました。また生まれ育った地元である長野に貢献したい。地域の皆さんが「長野市、そしてこの地域に住んでよかった」と思ってもらいたい。そこで、勤めていた銀行を辞めて会社を継ぐことを決意しました。

銀行員時代の失敗

新入社員の際に、お客様との取引間でトラブルが起きました。その時に、物事を全て自分で解決しようと問題を抱えこんでいたことに気付きました。今考えると上司に相談したり、周りの意見を聞いたりすることでトラブルを未然に防ぐことができたと思います。また、何事も責任を持って仕事に取り組むことが仕事において大切であるということも学びました。

お金のトータルで相談できる存在に

人生100年時代と言われるように人生設計は長期で考えないといけません。ですからお金に関して総合的に相談できる場所があることで、お客様は安心して生活することができます。例えば、育児と仕事を両立しながら、金融面に関わることまで考えなければいけないのは大変です。そこで我が社のファイナンシャルプランナーが伴走者としてお客様に寄り添うことで、お金に関して悩んでいた時間を家族と向き合う時間などに使ってもらいたいと考えています。

身につけてほしい、お金の知識と判断力

現代は情報過多なので、正確な情報を吟味することがとても難しくなってきています。そこで我が社は、お客様に対して適切な金融情報を提供する役目を担いたいと考えています。現状として、日本では金融教育が浸透していないことが指摘されています。そのため、我が社では、金融に関するセミナーを個人と法人向けに行っています。参加されたお客様から「子どもにも教えたい!」という声をいただいております。その瞬間は、この仕事をやっていて良かったと感じると同時に、金融に関する正しい知識の啓蒙に貢献できたと感じます。

お客様の人生をサポートしたい

事業内容がライフプランニングから保険相談、投資相談など多岐に渡ることから、事業内容に対して周囲からなかなか理解を得られないことがあります。確かに、保険も販売していますし、住宅ローンや投資信託の相談にも対応しています。そういった多様な事業展開を行う背景には、地域の金融リテラシーの向上や、お客様の人生を包括的にサポートしていきたいという想いが根底にはあります。

金融教育で従業員満足度を向上

金融教育は従業員への福利厚生の面も担っています。やはり中小企業で働いていると、どうしても雇用面で不安を抱えやすくなります。そこでお金のセミナーなどに従業員も参加してもらうことで、「この会社で働いていて良かった。」といった安心感を持ってもらいます。そこから従業員が定着し、中小企業が元気になれば、地域の活性化に繋がっていくと考えます。

市川 亮
市川 亮
RYOICHIKAWA
長野市出身。長野吉田高等学校卒業。法政大学経営学部卒業。2007年、八十二銀行入行。2017年長野フィナンシャル株式会社に入社、代表取締役社長に就任。
株式会社長野フィナンシャル

長野市大字栗田850 グレースクレスト1F
TEL 026-228-7788
FAX 026-224-4855

 

本記事のインタビュアー

GUGENではインタビュアーとして活動していただける学生を募集しています。