山口 一生

株式会社 サンメディックス
山口 一生
KAZUOYAMAGUCHI

長野へのIターン社長。縁もゆかりもない長野の地で、日本を代表する地域ディア企業を創るために会社を創業。

【長野市】サンメディックス 山口一生

長野へのIターンした山口社長に、縁もゆかりもない長野の地で、日本を代表する地域ディア企業を創るために株式会社サンメディックスを創業したきっかけや、子育て情報誌Monami(モナミ)創刊への想いについてお話をお伺いしてきました。

インタビュアー
森 彩華

地方企業のIT環境を整え、都会との情報格差を解消し、地方企業の課題を解決したい

ママが外に出るきっかけを

2013年3月に創刊した子育て情報フリーペーパー「monami」は、長野市をはじめ東北信地域の幼稚園、保育園などで4万部が配布されています。ママが一歩外へ出るきっかけになるような情報を扱うようにしています。ママって出産すると、人間関係が一回リセットされてしまう人が多いんですよね。ママ友が作れればいいんですけど、作れないと引きこもりがちになってしまう。でも、一歩外に出れば何かしら出会いがあります。家で子どもと二人っきりで悶々としているよりは、気持ちにゆとりを持って子どもに向き合えるようになるのではないかと思っています。

私自身も、松本市出身の奥さんが結婚を機に諏訪へ引っ越し、その後、私の仕事の都合で子どもを連れて長野市に移り住みました。そうした経験もmonamiの内容に影響していると思います。長野市も転勤で来た方が多いですから、同じ環境の人も多いと思います。妻の経験は、読者がこういう情報を欲しているのではないかなと考えるうえで参考になっていますね。

ハンドメイドが得意な子育てママに協力してもらって、目次の刺繍を毎月お願いした、絵が得意なママには公園のコーナーのイラストを手書きでお願いしたりしています。今の時代、パソコンでチャチャチャっとデザインするほうが効率的ですが、刺繍や手描きのイラストにはパソコンのデザインでは出すことができない温かみが生まれます。そんな温かみを大切にしたいし、温かみのある本を目指していきたいです。

monami創刊

サラリーマンとして子育て情報誌の創刊に携わり、編集長を務めていました。しかし、創刊から2年で会社が撤退を決めます。長野県内から子育て情報誌をなくしたくなかったという想いと、それにこの撤退で子育てフリーペーパーは長野ではビジネスとしては無理と烙印が押されることで、子育てフリーペーパーに挑戦しようとする企業がいなくなってしまう、それは長野で子育てする家族にとっては寂しい話ですよね。そういう想いから独立して、新たなフリーペーパーを創刊することを決めました。

独立の不安はありましたけど、一番は応援してくれるクライアントさんがいたということが大きかったですね。それと、思いを同じくしてついてきてくれたスタッフがいたということが、プレッシャーでもあるけれど、頑張らなくてはいけないという原動力になりました。

そして、2013年3月「monami」の創刊号が発行されました。「monami」はフランス語のmon=私の、ami=友、から取りました。ママたちと同じ目線に立っていきたいという思いを込めました。私たちが発信する情報は決して高尚なものではありません。昔の井戸端会議でやり取りしていたような情報。子育てを指導するような本もありますが、うちはママと同じ目線に立っていきたいという思いが強いです。

日本を代表する地域メディア企業を創る

2013年に創業した頃は、ドタバタしていて、企業理念なるものはなく、ただただ日々がむしゃらに仕事をするだけでした。それから創業から3年ほど経った2015年にメンバーも増え、時間に余裕が生まれたので、いろいろな研修に参加するようになりました。そんな中で、今のサンメディックスは地図もなく、大海原へ航海している船だと気づかされました。そんな船に乗っていると、誰が不幸かというと、やはり一緒に働いているメンバーです。そこで、ビジョンの考え始めました。

「日本を代表する地域メディアを創る」ことをビジョンに掲げました。地域に密着した自社メディアを通して、ユーザーと企業を繋ぎ、長野の地域経済の活性化の一助を担える企業を目指しています。

まずは弊社は広告代理業ではなく、企業へ提案する媒体(メディア)は自社メディアにこだわりたいです。メディアの成長って、ユーザーからの声と、企業からの声のシナジーが必要だと思っています。ただ広告代理店だと、レスポンがでなかった時に、「じゃ次はこのメディアでいかがでしょうか?」と提案するので、「なんでレスポンスがでなかったのか」、「媒体力を高めるためにためには」という立ち返りが行われません。自社メディアだと、逃げも隠れもできないので、そういった問題に真正面からぶつからなければなりません。そのぶつかり、問題を解決のための取組みが媒体力の成長へ繋がっていきます。

また、地方創生なんて偉そうなことは言えませんが、この地方で創業して、この地域の皆様に育てて頂いた恩を返す企業でありたいと思います。

あと今、絶賛!正社員募集中です。何かしら新しいことにチャレンジすることを楽しめる人が向いていると思います。会社組織としては未熟ですが、monamiを始め、イベントの企画や「長ナビ」というポータルサイトもあったりするので、常に新しいことを進めています。変化を楽しめる方には活躍できるフィールドだと思います。

究極の目標は出生率の向上

創刊号の発行とともに、多くのハガキが届きます。それは編集部一同がmonamiに情熱を注ぐモチベーションになっています。

頑張ってくださいというエールがたくさん届きました。やっぱり読者はこういう情報を欲していたんだということを実感できましたね。

お陰様で、子育て中のママにはmonamiの名前も浸透してきました。
小さい子どもがいる20代30代のお母さん以外にも何かしら影響力を持てる媒体にしていきたいなと思っています。今後子育てしていく人たち、そして子育てが終わった人たちに、今の子育てはこうなんですよと伝えられれば、ママ世代に対する理解が深まり、関心も高まります。

毎年秋に「ママまつりin Nagano」を開催します。ママの手作り品を集めたマルシェや子ども撮影会など、ママが楽しめるイベントにしたいと考えています。ファミリー向けのイベントってたくさんありますけど、子どもが楽しめそうだから親がついていくということがほとんどですよね。私たちのコンセプトはお母さんによる、お母さんが楽しめるイベントです。誌面もイベントも常にママの目線で―。そこは揺らぐことがありません。

最終的には出生率にも影響を与えるような存在になりたいですね。『長野の出生率が高いのはmonamiがあるから』と言われるまでになりたい。究極の目標はそこですね。

山口 一生
山口 一生
KAZUOYAMAGUCHI
1980年生まれ。千葉県出身。 明治大学政治経済学部卒業。 2003年、住商石油株式会社(現・出光エナジーソリューションズ株式会社)入社。 2004年、いずみ書房株式会社(現・株式会社アイキューブ)入社。 2013年、株式会社サンメディックス設立、代表取締役に就任。
株式会社 サンメディックス

長野市北長池1756-1-1国土第2ビル1F
TEL.026-244-5552 FAX.026-244-5562
https://www.sunmedix.jp/
info@sunmedix.jp

本記事のインタビュアー

GUGENではインタビュアーとして活動していただける学生を募集しています。