宇都宮 司

中央タクシー 株式会社
宇都宮 司
TSUKASAUTSUNOMIYA

常に前向きな視点で業務に取り組む!社員と切磋琢磨しながら、「大好き」といってもらえるタクシー会社を目指す社長

【長野市】中央タクシー 宇都宮司

常に前向きな視点で業務に取り組む!社員と切磋琢磨しながら、「大好き」といってもらえるタクシー会社を目指す中央タクシーの宇都宮司社長に、会社を受け継いだ時の想いとその後の経験についてお話を伺ってきました。

インタビュアー
芹川 朋花

前向きな視点を大切に、「大好き」といってもらえるタクシー会社を目指していきたい。

父の姿をみて就いたタクシー業

小さい頃は、とにかく外で遊ぶことが好きでした。野球が大好きで、毎日暗くなるまで遊んでいましたね。野球チームのキャプテンやルーム長を務めた経験もあり、リーダーシップや人との関わり方を学ぶ機会になったと思います。車には全然興味がありませんでしたね(笑)。それでも、街で中央タクシーが走っている姿を見かけると、嬉しかったことを覚えています。

タクシー業に就こうと思った理由は、家業だったからです。それに加えて、父の一生懸命な姿を、小さい頃から肌で感じていたからでもあります。父から家業を継いで欲しいと言われたことは一度もありませんでしたが、仕事に対して前向きだった姿を間近でみていたので、私も父と同じ仕事に、そして会社を継ぎたいと思いました。

尊敬する父からの言葉

私は父のことを一人の人間として魅力的だと思い尊敬しています。なので父から事業を継承した時は、「会社をよくしていくぞ」という想いと、「これまで父が作ってきたものを壊してはいけない」という、二つの想いがありました。前向きな気持ちよりも、不安やプレッシャーの気持ちの方が大きかったですね。

ある日父から「自分と同じ考えではいけない」と言われました。トップが変われば考え方も会社も変化する。だから考え方が同じでは意味がない、ということです。考えていることは人それぞれ異なるのだから、自分は自分らしくていいのだと、気持ちが楽になりましたね。感性が強く、決断力のある父とは異なり、「皆はどう思う?」というように、社員と一緒に考えて取り組むことが私の強みだと思っています。

人生の転機となった新潟での経験

2006年に、新潟に営業所を作りました。新潟営業所の社員はたったの6人しかいませんでしたが、彼らをまとめることができませんでした。長野では、200人いる社員をまとめていましたが、それは自分の力ではなく、彼らが協力してくれていたからでした。それまでの私は、できていないことばかりに目がいって、やってくれていることに気づけていなかったんです。

当時の私は、二代目の社長ということもあり“りきみ”がありました。私はちゃんとできるということを知ってもらいたいという気持ちが“りきみ”となり、空回りしてしまい、自分の思い通りに事が進まない時に、人に当たってしまうことがありました。新潟営業所での気づきがあってからは、今までいた職場が全く違うものに見えました。社員に対して、「どうして仕事ができないんだ」と思う自分と、「協力してくれてありがたい」と思う自分では、今後出せる結果は変わってきます。それはお客様にも影響していくと思います。

捉え方次第で前向きに

座右の銘は「事実は一つ、しかしその事実を明暗どちらで捉えるかで結果は大きく変わってくる」です。一見困った出来事が起きたように思えても、それらは全て、とらえ方によって、前向きに対処することができます。一つの事実であることに変わりはありませんが、その事実を前向きに捉えることが大切だと思っています。いろんなことが起きるけれど、人のせい、周りのせいにしない。どんなことが起きても、常に前向きである。そう在ることが、会社をやっていく上で大切だと考えています。

個々の強みを活かせる職場づくり

障がい者の方の就労支援を行おうと、動きだしている最中です。現在、新卒の留学生とも一緒に仕事をしています。彼らをはじめとして、社員の人柄はもちろん、年代、性別、国籍の違う多様な人がいて、それぞれの得意分野を発揮しながら、他の人の足りないところをカバーし合う。何かが足りないということは、何かに秀でているという見方ができます。社員の個々の強みを発揮しながら、一緒に働ける環境を作りたいと考えています。

タクシー事業は、人がカギとなります。仕事をしていて嬉しいことは、中央タクシーが「大好き」と言っていただける瞬間です。コストパフォーマンスが良いとか、車両が快適であるとか、それも大切ですが、「大好き」というメッセージが嬉しいのは、私たちの顔を思い浮かべながらおっしゃってくださる言葉だと思うからです。そんな風に、「大好き」とおっしゃっていただけることを喜びと感じることができる方と、お仕事をしていきたいと思っています。

宇都宮 司
宇都宮 司
TSUKASAUTSUNOMIYA
1977年生まれ。長野県長野市出身。日本大学を卒業後、京都のMKタクシーに入社。その後、長野へ戻り、中央タクシー株式会社へ入社。2008年に事業を継承。現在、中央タクシー株式会社とホテル事業の株式会社中央の代表取締役社長。
中央タクシー 株式会社

(本社)〒381-0102 長野県長野市若穂保科265

(タクシー)026-282-7777

(空港便)026-282-0232

https://chuotaxi.co.jp/

本記事のインタビュアー

GUGENではインタビュアーとして活動していただける学生を募集しています。